キーワード解説・Q&A

障害程度区分(NHKハートネットより一部引用。)

※障害程度区分によって受けられるサービスの量が決まる
 障害程度区分は、福祉サービスの利用者の心身の状況を判定するために、市町村が認定するものです。「区分1~6」の6段階があり、これによって受けられる福祉サービスの量が決まります。

 判定は106項目にわたる調査で行われ、うち79項目は介護保険と同じ内容です。残りの27項目が障害に関する内容となります。調査結果はコンピュータで判定され、これを一次判定とします。医師の意見書を考慮しながら、有識者による審査会で二次判定が行われます。
 一次判定と二次判定を元に障害程度区分が認定されます。さらに、本人の意向や生活状況が加味されて、最終的な支給が決定されます。

   ↓<変更!>

障害支援区分

 「障害程度区分」を「障害支援区分」に改め、その定義を「障害者等の障害の多様な特性その他の心身の
状態に応じて必要とされる標準的な支援の度合を総合的に示すものとして厚生労働省令で定める区分」とす
る。【平成26年4月1日施行】


→厚労省のページ「名称変更

変更ポイント

→障害支援区分に係る「認定調査員マニュアル」(確定版)等について(宮城県障害福祉課

<特別支援教育>

 平成18年6月の学校教育法の一部改正により,平成19年度より「特殊教育」から「特別支援教育」と法定されました。
 「特殊教育」の対象であった盲,ろう,知的障害,肢体不自由,病虚弱,言語障害,情緒障害の7 障害にLD,ADHD 等の発達障害を含めその対象が拡大されたのが「特別支援教育」です。発達障害の子どもは,通常の学級(高等学校を含む)に在籍していますから,特別支援教育の場が通常の学級にも及ぶことを意味しています。

 

<個別の教育支援計画>

 現在は,特別支援学校での作成・策定が義務となっています。児童生徒の生育や教育目標(短期・長期)や各種記録を記載してあります。実際の指導を計画・記録した「個別の指導記録」と併せて策定・指導に生かすことで効果的な指導ができます。

 下記のHPがありましたのでご紹介します。

北海道教育委員会の「個別の教育支援計画」例

 

 

<LD(学習障害)>

LDは,次の4つのことで定義※されます。
①聞く,話す,読む,書く,計算する又は推論するといった基礎的な学習能力のうち特定の能力の習得と使用に著しい困難がある
②上記①は全般的な知的発達の遅れによるものではない
③他の障害や環境的な要因が直接の原因になるものではない
④背景に脳の機能障害が推定される
※1999年7月「学習障害児に対する指導について(報告)より」

◆よく似た文字を読み間違えたり,行をとばして読んだりする。
◆筆算の桁をずらしてしまって,計算ミスを繰り返す。

などの困難が表れることがあります。耳からの情報処理に課題があると,
◆個別に言われれば聞き取れるが,一斉の指示では指示を聞きもらす。
◆話の流れについていけなくなる。
などの困難が表れることがあります。つまずきの背景を考えて,子どもの得意な情報処理過程を活用して,指導を展開することが大切です。

 

<ADHD(注意欠陥多動性障害)>

 ADHD は,次の3つの症状で定義されます。
不注意:注意の持続が困難である
多動性:過剰な活動や動きがある
衝動性:衝動のコントロールができない
そして,以下が診断の基準になります。
・上記3つの症状が,その子どもの年齢の発達水準に不釣り合いであること
・症状のいくつかが7歳未満に存在し,継続していること
・学校や家庭などの2つ以上の場面で症状がみられること
・知的障害や自閉症などが認められないこと

※中枢神経興奮薬での対症療法:リタリンやコンサータの薬を使用することも。

 

<高機能自閉症>

 自閉症は3歳以前に発症し,次の3つを基本症状とします。
①社会的な相互交渉の質的な障害:他人との社会的関係の形成の困難さ
②コミュニケーション機能の質的な障害:ことばの発達の遅れ
③活動と興味の範囲の著しい限局性:興味や関心が狭く特定のものにこだわる
◎高機能自閉症は,自閉症のうち知的発達の明らかな遅れを伴わないものを指します。
◎自閉症の3つの基本症状のうち,コミュニケーションに関する障害の軽いものをアスペルガー障害といいます。

 

<広汎性発達障害(PDD)>

 広汎性発達障害とは,一般的に知的障害のある自閉症から知的障害のない自閉症までを包括する自閉症の上位概念として認識されていて,高機能自閉症やアスペルガー障害などの総称として用いられています。自閉症スペクトラム(連続体)ととらえることもできます。
DSMーⅣ(米国精神医学会の診断基準マニュアル:第4版)によると,広汎性発達障害は,次の五つの診断に分類されています。
・自閉性障害(自閉症のこと)
・レット障害
・小児崩壊性障害
・アスペルガー障害
・特定不能の広汎性発達障害

 

<特別支援教育就学奨励費>

 特別支援学校や小・中学校の特別支援学級で学ぶ際に,保護者が負担する教育関係経費について,家庭の経済的状況に応じ,国及び地方公共団体が補助する仕組みです。
(1)概要
 保護者の経済的負担能力に応じて学用品の購入,給食,修学旅行等の経費のうち必要であると規定される経費について全部もしくは一部を援助するもので,国及び地方公共団体は就学援助事業の二分の一の額をそれぞれ負担します。
(2)支給項目
学校給食費,交通費(通学費,交流学習費,職場実習交通費等),修学旅行費,新入学時学用品購入費,学用品購入費,寄宿舎日用品費等

 

<DAISY>

 DAISYとは、Digital Accessible Information SYstemの略で、日本では「アクセシブルな情報システム」と訳されています。

 ここ数年来、視覚障害者や普通の印刷物を読むことが困難な人々のためにカセットに代わるデジタル録音図書の国際標準規格として、40カ国以上の会員団体で構成するデイジーコンソーシアム(本部スイス)により開発と維持が行なわれている情報システムを表しています。

 DAISYコンソーシアム公認のオーサリングツールを使ってデジタル図書を作ることができ、専用の機械やパソコンにソフトウェアをインストールして再生をすることができます。国内では、点字図書館や一部の公共図書館、ボランティアグループなどでDAISY録音図書が製作され、主な記録媒体であるCD-ROMによって貸し出されています。

DAISY録音図書の特徴
■目次から読みたい章や節、任意のページに飛ぶことができます。

■MP3などの最新の圧縮技術で一枚のCDに50時間以上も収録が可能です。

■W3Cの標準技術であるXHTML(webページを記述するための言語)、静止画や動画、テキストや音声を同期させる言語であるSMILをDAISYの仕様に取り入れています。

■マルチメディアDAISY図書は音声にテキスト、画像をシンクロ(同期)させることができます。

(以上Enjioy Daisy HP :http://www.dinf.ne.jp/doc/daisy/index.htmlより一部引用。)

 

<TEACCHプログラム>
1972年、ノースカロライナで生まれたティーチプログラム。
Treatment and Education of Autistic and related Communication Handicapped Childrenの頭文字をとっている。幼児期から成人期にいたるまで、自閉症児に関わるあらゆる立場の人が包括的に支援していくためのプログラム。
 ティーチと言うと、カードや衝立というイメージがついてまわるが,大きなポイントは「構造化」という概念。自閉症の特性を考えた上で、①物理的構造化、②時間的構造化(スケジュール)、③ワークシステム、④視覚的構造化が四大要素といわれている。

物理的構造化:意味と場所が一致できるように空間を分けること。
スケジュール:今、何をどうしたらいいのかを理解しやすくする、次に何をしらたいいのかを伝える。
ワークシステム:始めと終りを理解するのが困難なので、いつ、どこで、何を、どれくらい、終わったら何があるかを伝える。
視覚的構造化:言語理解が弱い症児のために、絵カードや文字を使う。
※文科省の自閉症支援のことに関する記載にも、「ティーチプログラムや行動療法は有効である」とある。