就労支援情報

ふれあいワークフェア(障害者集団面接会)

 毎年9月の障害者雇用月間を機に開催されます。

面接受付票
14面接会受付票(更新)_20110811145120.xls
Microsoft Excelシート 61.0 KB
面接用履歴書
15面接会用履歴書(更新)_20110811145409.xls
Microsoft Excelシート 45.0 KB
ふれあいワークフェア2011参加企業
ふれあいワークフェア2011参加企業

仙台市障害者就労支援センター出前相談

土曜日・日曜日に移動相談を実施します。

電話での相談予約も受け付けております。

相談時間 10:00~15:00

 宮城野障害者福祉センター

 若林障害者福祉センター

 太白障害者福祉センター

 泉社会福祉センター

相談につきましては、仙台市障害者就労支援センター職員がお受けいたします。

相談希望日が決まりましたら、可能な限りご予約をお願いいたします。

ご不明な点などありましたら下記までお電話ください。

≪お問合せ・相談ご予約先≫

仙台市障害者就労支援センター

TEL:022-772-5517

FAX:022-772-5519

発達障害の就労支援は→「発達障害の進路支援」も参照。

 

 「就労」・・・生活の基盤があるのは前提ですが,生活のために「働く」ことになります。

 

「一般就労」と「福祉的就労」

 「就労」には,会社・工場・商店などで働き賃金を得る「一般就労」と,作業所や福祉サービス事業所などで作業を通して工賃を得る「福祉的就労」があります。

 一般には「就労」というと,「一般就労」を指します。最近では,福祉サービス事業の中の「就労継続支援事業雇用型(A型)」も,最低賃金を基本に「雇用契約」を締結するようになりました。

 

・・・少しずつ掲載していきます。

○働く気持ち

  「働く」という気持ちは,日頃の積み重ねが大切です。何気ない家庭でのお手伝いや学校での係活動などを通して,身についていきます。→「進路学習・キャリア教育」へ

 

(続く)

 

○障害者雇用・勤務形態の実際

 

○いろいろな仕事→「JOB JOB WORLD

 いろいろ騒がれている雇用開発機構「私の仕事館」のWEB版。いろいろな職種の特色をまとめて,職に就いている方の一言のコーナーもあります。

 

 

○働くのは「本人」(働く意欲・意識)

 

 

 

障害者雇用の制度と就労支援

障害者の雇用の促進等に関する法律

 この法律の3つの柱

 ①職業リハビリテーションの推進

 ②障害者雇用率制度   ・・・雇用率2%

   ③障害者雇用納付金制度

  →対象企業の範囲が拡大されます。(現行)常用雇用労働者を101人以上雇用する事業主

    

   

○障害者雇用のための助成金・制度

 <雇用助成金・補助金・訓練費など

 

○事業主と障害者のための雇用ガイド「障害者の雇用支援のために

 

 

 

就労支援機関

 ・ハローワーク仙台 , ・宮城労働局  ・宮城県雇用支援協会 など

 

○企業・事業所団体

 

○就労移行支援事業所など

 

就労支援の実際

○障害者雇用職場改善好事例から(厚労省)

 平成16~21年度の職場改善好事例からのまとめを紹介しています。

 http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/10/dl/s1023-9c.pdf

 

○「働く広場」(高齢・障害者雇用支援機構)